富士登山行ってきました(画像あり)

づまがジョウキゲンユニを着て登山開始。早速雨が降り出し、登山ガイドから雨具着用指示が出て、「ジョウキゲン」の文字はその後の登山路で見ることはなく終了。

かげ、めんどくせーしあちーからやだ的な理由で雨具着用指示を半分無視(上だけ雨具を着用。下はスキンズとジャージ素材のハーフパンツ。)し、激しい雨が降る中、8合目付近までがんばる。山小屋到着30分前くらいで上下の雨具を着て、死を免れる。(8合目付近の気温は10℃以下)

へとへとになりながらも8合目の山小屋に到着(標高3200メートル)、ともみの口から「オナカスイター」の比較級である「ハラヘッター」が出て、一同驚く。その後、「カラアゲタベタイ」と呪文のように唱えていたものの、下山したら「カラアゲ」そっちのけでおみくじをひいていた(笑)。

山小屋でハンバーグカレーを食べたあと、づま支給のエスカップを一気飲みして布団に入るかげ(PM10:00)。成分の無水カフェインが効果覿面で、目が覚めまくり、さらに頻尿になり、一睡もできないまま御来光登山の時間(AM2:00)を迎えてしまう。この時点で何かしら高山病の症状が出ていたら、間違いなくリタイアしていただろう。

まるで地獄のような山頂までの道を、東京マラソン完走者しずか&ともみを先頭に、4番目にづまを置いて(ちょっと弱いメンバーをパーティーの3番目に置くドラクエ方式で)登り続け、なんとか御来光の時間までに山頂にたどり着く。誰かの徹夜の祈りが通じて、晴天に恵まれ、すばらしい御来光を拝むことができた。一同大感動。

「膝がいてー」と弱音ばかり吐くへたれかげとは違い、アルパインステッキをうまく使い下山する3人。そして・・・約4時間かけて無事全員下山。「感動の御来光をありがとう、たぶんもう来ません」と心の中で思いながら富士山をあとにした。

コメントをお書きください

コメント: 10
  • #1

    やま (火曜日, 04 8月 2009 12:14)

    かげー
    来年オイラと一緒にいこうぜー

  • #2

    かげ (火曜日, 04 8月 2009 12:52)

    帰りのバスの中、4人でやまぐっさん×登山のイメージを描いてみた・・・結果、みんな渋い顔になっていた。

    「やまぐっさんに誘われたもう一回登る!」と宣言したが、まさかホントに・・・(汗)。情報流れた?

  • #3

    もんち (火曜日, 04 8月 2009 15:39)

    それ、私も参加ー!!

  • #4

    やまぐっさん (水曜日, 05 8月 2009 17:19)

    いや、特に情報なし。
    そしてなぜみんな渋い顔に・・・

  • #5

    かげ (木曜日, 06 8月 2009 08:15)

    キャンプもNGだったやまぐっさんが、1部屋40人の山小屋(そして、2人で布団1枚)に耐えられるのかな・・・と。

  • #6

    マーモ (木曜日, 06 8月 2009 12:14)

    私も参加!

    私はエスカップの名前が登場した時に気がついたよ。
    そのタイミングで飲んだら眠れないんじゃ・・・って(笑)

  • #7

    やまぐっさん (木曜日, 06 8月 2009 14:17)

    ああ、無理だそれ

  • #8

    かげ (木曜日, 06 8月 2009 15:02)

    人生初の男2人で布団1枚。

  • #9

    Hugo (日曜日, 22 7月 2012 05:43)

    Hi there! This post couldn�t be written much better! Reading through this article reminds me of my previous roommate! He always kept preaching about this. I most certainly will forward this post to him. Fairly certain he�ll have a good read. Thank you for sharing!

  • #10

    buytadalafilonline (水曜日, 07 11月 2012 04:06)

    I intended to draft you this bit of remark in order to say thank you once again for the pretty guidelines you've documented here. It is quite strangely open-handed of you to present unhampered precisely what a lot of people could have made available as an electronic book to generate some cash for themselves, and in particular now that you could have tried it if you decided. Those good tips likewise served as a good way to recognize that some people have a similar dream the same as my personal own to understand a whole lot more concerning this condition. I am sure there are lots of more fun periods ahead for many who take a look at your website.